HOME  »  もしものために

もしものために

初めてお葬儀をされる方へ

【砺波の地元葬儀社だから、お伝えしたい事】

・喪主を務めるのは初めての方
・病院の先生から「覚悟をしておいて」と言われた方
・遠方に住んでいて砺波の習慣がわからない方

今、何をしておけば良いのか?

【1】 連絡リストを作っておく

〔よくあるケース〕
何処へ連絡していないかわからない。大切な親戚などへの案内が遅れた。
  ⇒気が動転し、いざと言う時に大切な方へ連絡が遅れたとならないためにも、早めの対応が必要です。
   (例) 親戚・町内会長や班長・友人・勤め先・諸団体・菩提寺など。

【2】 菩提寺の確認

どこの菩提寺で、宗派もわからず、慌てるケースが最近増えています。
事前に確認しておきましょう(本家や親せきなど)。

〔最近増えているケース〕
「県外などから引っ越してこられ、お付き合いのあるお寺様がいない」
  ⇒同じ宗派の寺院様を紹介することは可能です。
   今後末長いお付き合いとなるので、弊社に事前相談される事を薦めます。

【3】 遺影写真を選んでおく

〔よくあるケース〕
大量のアルバムを家族みんなで探し、なかなか決まらない。
葬儀が終わってからもっと良い写真が見つかった……など。
  ⇒遺影写真は葬儀だけのものでななく、いつまでもお飾りするものです。
   日頃から、良い写真はとっておくなど、当日、できるだけあわてないようにしたいものです。
   写真選定の最終決定は、喪主様がするということも、意識しておいた方が良いでしょう。

【4】 最低限でいいのでお部屋(仏様をご安置する部屋)の片付け

〔よくあるケース〕
病院からご遺体を搬送し、自宅へ到着したが、仏間に物が多く、片付けや掃除に時間がかかる。
その間ご遺体は搬送車の中で待機されたまま……。
特別きれいにしておく必要もありませんが、最低限必要ないものなどがあれば、別の部屋に
移動しておくだけでもいざと言う時に便利です。

皆様に用意いただくもの

1) ご遺体をご安置する際の布団〔敷布団・掛け布団・枕〕

色や柄は問いません。

2) 座布団数枚(10枚程度)

来客用ですが、普段使っておられるもので十分です。
必要であれば祖泉会堂でレンタルもできます。

気になる事

現金はどれくらい用意しておけば……?

急な出来事の葬儀では、何十万円と事前に用意される方はいません。
寺院へのお布施も葬儀終了後、改めてお渡しすればOKです。

食事用意は……?

祖泉会堂では、その日からお弁当や皿盛りなどご用意できます。
近所の女性の方にお手伝いいただくケースは減っています。

通夜・葬儀の日取りや役所手続きは……?

1)ご当家の希望 2)火葬場の空き時間 3)菩提寺の都合
この3点で、日取りや時間が決まります。葬儀社が決めるわけではありません。
スタッフが必ずアドバイスさせていただき、役所へも予約を入れさせていただきます。

どうしても事前準備に抵抗のある方へ

「死」を待っているようで嫌だ!縁起でもない!と思われる方もいらっしゃいます。
しかし、我々の経験上どんなに準備をしていても「何をすればいいかわからない」と
誰もがパニックに陥ります。

「悲しんでいる暇もなかった」

だからこそ、少しでも負担を減らし、余裕ができた時間や気持ちを、ご家族やご近所の方々と、
亡き方の思い出話をされ、少しでも故人を偲ぶ時間にあててください。
葬儀とは亡き人を通じ、故人への感謝の気持ちを感じるための大切な儀式と考えます。